横浜のトイレつまり・水漏れブログ | 横浜のトイレつまりや水漏れなら<誠住宅設備>へ!

トップページ
ブログ
2019年01月22日 [トイレつまり 横浜]
家がだんだん古くなってくると、設備関連で不具合が起きやすくなります。
それは、どうしても水回りには消耗品が多く、本体だけではなくその中に使用されている部品の交換が必要になるからです。
中でもトイレつまりが起きると、トイレが使用できなくなるため、家にトイレが1つしかない場合は緊急事態となり、水回りでも他の場所なら水漏れやつまりが起きても止水などをして長い時間放置しておくこともできますが、トイレつまりはすぐに改善しなければ大変な事態を招くことになります。
トイレがつまると、どうしてもパニックに陥りますが、早くトラブルから抜け出すために、まずは冷静になってつまりの原因を探りましょう。
明らかにトイレットペーパーがつまっている場合や、便器の水がひいている場合や、水の勢いが弱い状態でつまった場合は、自分でつまりを解消できる可能性が高いです。
スッポンを利用したり、それがない場合はバケツや雑巾やお湯や重曹や酢などがあれば、つまりを取り去ることができます。
ネット検索すればトイレつまりの解消法がたくさん紹介されているので、自分でトライしてみましょう。
トイレットペーパー以外のものがつまった場合や、便器内の水が引いていかない場合や、つまりの原因が分からない場合は、すぐに水道工事業者などの専門業者に連絡してください。
その場合は、すぐに対応してもらえて、修理代もできるだけ安い業者を選びましょう。

横浜に引越ししてすぐにトイレつまりが起きました


これまで一度もトイレつまりなどが起きたことはありませんでしたが、横浜の新築のマンションに引越ししてきたばかりで、特にたくさん紙を流したわけでもないのに、完全にトイレがつまってしまいました。
パニックになっていると主人が冷静に業者さんを呼んでくれて、あっという間につまりを解消してくれました。

2019年01月22日 [水漏れ 横浜]
横浜で念願の一軒家を購入して、毎日幸せに暮らしていますが、これまで家に関するトラブルは一度も起きていなかったのに、先日キッチンの床から水漏れが起きてパニックになりました。
家を建てるまでは横浜市内の築30年以上経つ借家に住んでいたこともあり、水回りのトラブルはたくさん経験していましたが、まだ家を建てて2年しか経っていなくて、床が急に汚れるという未経験の事態に、欠陥住宅を掴まされたかもしれないと怖くなりました。
確かに少し前から床が汚れているような気はしていましたが、気のせいだと思えるほどの量だったのでスルーしていました。
しかし今回は明らかに床が汚れていて、主人もいなかったので、どうしていいのか分からず、しばらく悩んだ末に、仕事中の主人に電話をして事情を伝えました。
するとその日は早く帰ってきてくれて、家に着いてしばらくすると、主人が予め連絡してくれていた水道業者さんが来てくれました。
原因を探ってもらうと、床下の配管からの水漏れであることが分かり、結局家を建ててもらった施工会社に連絡して無料で修理してもらえましたが、このようなトラブルはたまにあると言ってもらえて、気が楽になりました。
最初家に上がって来た時は不愛想だと思った作業員さんも、その後は丁寧に状況を説明してくれて、施工会社へ連絡した方がいいことも、その人が教えてくれました。

頼りになる水道屋さんを見つけました


一人暮らしの母が体調を崩し、妻とも話し合って横浜の実家に引越ししてきました。
古い家でいろいろなところにガタがきていて、お風呂場と洗面所ではわずかですが水漏れが起きていました。
一度点検してもらった方がいいと思い、横浜市内で安く作業してくれそうな水道工事業者を見つけて来てもらうと、水漏れはすぐに直してくれて、料金も安くしてくれて、今後もよろしくお願いします。

誠水道設備

PageTop